works

戻る

cm new 

PlayStation Vita 共闘先生

CD:小霜和也  Agency:電通  Production:太陽企画

2013年になってPSVitaが勢いづいて来ました。価格戦略の大きな見直しがきっかけになったのに加え、「モンハン」に匹敵、または凌駕する新しいタイプの狩りゲーが続々登場することになったからです。

自分たちはこれら新しいタイプの狩りゲーを「共闘ゲーム」と命名し直し、個別に広告するスタイルをやめ全てを統合した大きなキャンペーンとすることで、強い認知とうねりを創出しようと考えました。
ゲーム・プラットフォーム広告を展開する上で重要なことは、ターゲットであるゲーマーだけでなく、サードパーティの支持も同時に得ることです。
そのために生瀬勝久さんに「共闘先生」という愛されキャラを演じていただき、みんなで共有できるコンテンツとしました。

個人的な裏コンセプトとしては教師と生徒の断絶が社会問題となる中、彼らが仲良く楽しんでいる姿をTVで見せてあげたいな、というのもありました。
ソフトの差別性を伝えつつCMとしての魅力も落とさないための難解なハードルはありましたが、優秀なCMプランナーや監督のがんばりで乗り越え、久しぶりのプレステらしいCMと言われるエンタテインメントに昇華。
クライアント、ゲーマー、サードパーティ、みんなに愛され、ソフト・ハード共に売上げを押し上げる強いキャンペーンとなりました。

(公式サイト)
http://www.jp.playstation.com/cp/2013_psvita_kyoutou/

「相反する評価篇」CM

「サンタ篇」CM

「好調先生篇」CM

「進化篇」CM

「カスタマイズ篇」CM

「先生の突撃篇」CM

「冒険の夏篇」スペシャルバージョン

「冒険の夏篇」CM

「連係プレイ千手観音篇」CM

「連係プレイ野次る篇」CM

「山田の覚悟篇」CM

「登場篇」CM

校歌(※音声のみ)